1月20日(2)
 テストで忙しいとか言っておきながらそこそこにラグナロクをやるのな商店。


 ゴーレム始めました。

今レベル36なんですけどねー、ちょっと背伸びしてゴーレム狩ったり狩られたりしてみました。殴り始めると、周りを歩いてる魔術師の人が90%の確率で立ち止まります。なんでか?それは戦いぶりがあまりに危なっかしいからです。上の写真からもわかるように、受けるダメージは50前後、与えるダメージは10〜80程度。そんな商人見かけたらそりゃ

「あー、すぐ死にそうー」
 「手伝った方がいいのかな?」
  「どうせすぐ死ぬだろうからその後そのゴーレムいただこう」

などなど思いますわなー。駄菓子菓子!のなは死にませんョ。なぜなら赤ポット連打してるから。いえーい大赤字ー。そんなわけで、立ち止まった人は戦闘を最後まで見届け、ホッとしたように、あるいはがっかりして去ってゆくのです。


小ネタ。

 某マリー。